TERMS

予約システム利用規約

この規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社FiveLine(以下「当社」といいます。)が提供するSPACEGYMのサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を定めるものです。本規約は、本サービスを利用する全ての方に適用されます。本サービスをご利用になる前に、本規約の内容をよくお読みください。本規約に同意されない方は、本サービスを利用することはできません。

第1条(目的及び適用範囲)

1.本規約は、本サービスの利用に関する条件及び当社と会員との間の権利義務関係を定めることを目的としています。
2.本規約は、当社と会員との間で締結される本利用契約(第2条に定義します。)の内容を構成します。会員は、本サービスを利用するにあたり、本規約を遵守する必要があります。
3.個別規定(第2条に定義します。)は、本規約の一部を構成し、個別規定が本規約と矛盾抵触する場合には、別途当社が定める場合を除き、当該個別規定が優先されます。

第2条(定義)

本規約において使用する以下の用語は、以下に定める意味を有するものとします。
1.「会員」とは、第4条に基づき当社との間で本利用契約を締結した個人をいいます。
2.「当ジム」とは、SPACEGYMの名称の下に運営されるパーソナルトレーニングジムをいいます。
3.「本サービス」とは、SPACEGYMのサービスの総称を指し、「物販サービス」、「パーソナルトレーニングサービス」からなるものとします。
4.「パーソナルトレーニングサービス」とは、当社が別途定める、会員が当ジムにおいてパーソナルトレーナーからトレーニングに関する指導を受けるサービスをいいます。
5.「本利用契約」とは、本規約に従い当社と会員との間で締結される本サービスの利用に関する契約の総称を指し、「パーソナルトレーニングサービス利用契約」から成るものとします。
6.「当社サイト」とは、当社が運営するウェブサイトをいいます。
7.「利用料金」とは、本サービスを利用する対価として当社が定める一切の料金及び費用をいいます。
8.「個別規定」とは、当社が当社サイトに掲載し、又は会員に書面又は電子的方法(以下「書面等」といいます。)により配信又は直接提示する、本サービスに関する説明資料、個別の規定、追加の規定等の一切をいいます。
9.「コンテンツ」とは、会員が本サービスの利用にあたり取得することができる一切の情報(文章、画像、動画、音声その他のデータを含みますが、これらに限りません。)をいいます。
10.「知的財産権」とは、全ての国・地域における、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権(翻訳・翻案権及び二次的著作物の利用に関する原著作者の権利を含みます。)その他一切の知的財産権、及びそれらを登録、更新又は延長等の手続を行う権利をいいます。
11.「反社会的勢力」とは、暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他の反社会的活動を行う団体又はその構成員をいいます。
12.「法令等」とは、法律、政令、通達、規則、条例、裁判所の判決、決定、命令又は強制力のある行政処分、ガイドラインその他の規制の総称をいいます。

第3条(本規約の変更)

1.当社は、以下のいずれかの場合に、当社の裁量により、本規約を変更することがあります。
(1) 規約の変更が会員の一般の利益に適合するとき
(2) 規約の変更が規約の目的に反せず、且つ変更の必要性、変更後の内容の相当性、規約の変更をすることが変更に係る事情に照らして合理的なとき
2.前項の場合、当社は、変更後の本規約の効力発生日の1週間前までに、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容とその効力発生日を、当社サイトに掲示し又は会員に書面等により送信する方法その他当社が適切と判断する方法により通知します。
3.変更後の本規約の効力発生日以降に会員が本サービスを利用したとき、会員は、本規約の変更に同意したものとみなします。

第4条(会員登録)

1.本サービスの利用を希望する者(以下「登録希望者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める情報(以下「登録情報」といいます。)を当社に提供することにより、その希望する基本サービスのコース、登録店舗等の事項を選択の上、会員登録を申請することができます。ただし、登録希望者が未成年者である場合、その申請にあたっては親権者の同意が必要です。なお、申請方法その他の手続については、個別規定に定めるとおりとします。
2.当社は、当社の基準に従って会員登録の可否を判断し、その結果を登録希望者に通知します。当社が登録を認める旨の通知を行った時点で、会員登録が完了し、当社と当該会員との間で、利用規約が成立します。なお、未成年者が会員となる場合、親権者は、本利用契約に基づく責任を未成年者本人と連帯して負うものとします。
3.当社は、登録希望者が以下の各号のいずれかに該当し又は該当するおそれがあると当社が判断した場合には、その登録を拒否することができます。なお、当社は、その理由を通知する義務を負いません。
(1) 当社に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記入漏れがある場合
(2) 本利用規約及び個別規定の内容に同意できない方
(3) 入会申込書等に記載された本人と同一人物であることを確認できない方
(4) 反社会的勢力に所属し若しくは過去に所属していた場合、その他反社会的勢力と何らかの交流若しくは関与等がある場合
(5) 所定の方法にて健康状態を確認できない方、または医師等により運動を禁じられている方
(6) 伝染病、その他、他人に伝染または感染する恐れのある疾病を有している方
(7) 未成年で当ジムの入会に関して親権者の同意を得られない方
(8) 過去の会費、事務手数料、利用料等について未払いがある方
(9) 過去に、第17条に基づく利用停止等の措置を受け若しくは本利用契約を解除された場合、本サービスその他当社のサービスの利用登録の拒否ないし取消等の措置を受けた場合、又は当社との契約その他の合意に違反した場合
(10) その他、当社が会員としてふさわしくないと判断した場合
4.基本サービス利用契約の有効期間中に会員が前項の各号のいずれかに該当した場合、当該会員は当社に対して、直ちにその旨を通知しなければなりません。
5.会員は、登録情報に誤り等があった場合又は変更が生じた場合、当社所定の方法により、当該誤り等若しくは変更を当社に通知し又は本サービス上で自ら修正、変更しなければなりません。
6.当社は、本サービスの利用開始後に、第3項各号のいずれかに該当する事由が判明した場合、又は前2項その他本規約の規定に違反した場合、以下の各号に定める措置を直ちに取ることができます。
(1) 当該会員による本サービスの利用の中止(本サービスに基づき提供される一切のサービスの提供の中止)
(2) 当該会員との本利用契約の解除

第5条(会員ID等)

1.当社は会員に対して、SPACEGYMを利用するにあたり必要となる会員ID、パスワード等の会員情報を発行します。会員は、各情報を自己の責任において安全に管理・保管し、第三者による不正使用を防止するために必要な措置を講じます。
2.会員は、会員としての地位又は会員情報を貸与、共有、譲渡、名義変更その他の方法により第三者に使用させてはなりません。
3.会員は、会員情報の不正利用若しくは第三者による使用又はそれらのおそれが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従います。

第6条(メンバーコードの登録)

1.当社は、会員に対しメンバーコード(個人専用のQRコード)を交付します。
2.会員がオプションサービスを利用する際には、当該会員に交付されたメンバーコード、現金、PayPayを使用するものとします。
3.会員は、メンバーコードを第三者に貸与することはできません。万一、メンバーコードを貸与した場合は強制退会の対象となります。

第7条(本サービスの利用に関する事項)

1.会員は、本サービスを利用するにあたり、各店舗のルールが異なること、及びそれに従うことを承諾します。
2.当社は、当社の基準により、会員の利用状況に応じて登録店舗を一方的に変更することができます。
3.会員は、当クラブ内において、各店舗のルールに従う限度において、写真及び動画を撮影することができます。ただし、撮影にあたっては、他の会員を含む第三者が写りこまないようにしなければならず、万が一写りこんだ場合には、当該写真又は動画を速やかに削除する等して、第三者の肖像権、プライバシーの利益、名誉、その他の権利又は利益を侵害しないようにしなければなりません。
4.会員は、前項に基づき撮影した写真及び動画を、SNSへ投稿等することにより、利用することができます。ただし、当該写真・動画について、以下の各号に定める事由に該当すると当社が判断した場合には、当社は会員に対して、SNSへの投稿等及びそのデータの削除を求めることができます。この場合、会員は直ちに当社の要求に応じなければなりません。
(1) 当社又は第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの利益、名誉、その他の権利又は利益を侵害し、又は侵害するおそれのある場合
(2) 各店舗のルールに違反して撮影された場合
(3) 当ジムの利用方法が不適切な場合
(4) 各号に準じる場合、その他当社が不適切と認めた場合

第8条(利用方法)

利用者は、当ジムを1回利用するにあたり、チケット1枚を使用しなければなりません。当社所属のパーソナルトレーナーを付けずに、施設のみの利用はできません。

第9条(キャンセル規定と遅刻について)

1.予約のキャンセルはご予約の24時間前まで可能とします。24 時間前を過ぎた場合、既に他のお客様に枠の断りを入れている為キャンセル費用は100%負担(チケット消費)となりますので、ご理解・ご協力の程お願いいたします。
(例:11月20日9:00 にご予約をしている場合、11月19日9:00 までにキャンセル手続きを行ってください。)
2.利用者都合で、何らかの理由で来れなくなった際、チケットに残数があったとしても返金は行っておりません(クーリングオフ期間を除く)。
3.トレーニング開始時刻に遅刻した際は、利用者都合と見なし、残り時間のみのセッションとします。

第10条(チケットの有効期限)

期限については、各コース以下の通りです。
● 40回コース→350日
● 32回コース→280日
● 24回コース→210日
● 16回コース→140日
● 8回コース→70日
(週1回のトレーニングをベースにしておりますが、万が一に備え数日間余裕を含めております。)
期限を過ぎてからのご利用は原則できません。

第11条(チケットの譲渡について)

利用者は、購入したチケットを第三者に対して譲渡してはなりません。

第12条(個人情報の取扱い)

当社は、会員に関する個人情報を、当社プライバシーポリシーに従って取扱います。会員は、当社がこのプライバシーポリシーに従って個人情報を取り扱うことに同意するものとします。

第13条(利用料金の支払い)

1.会員は、個別規定の定めるところに従い、当社に対し、利用料金を支払うものとします。
2.当社は、本サービスの利用に関する支払いの決済及び情報処理のために、第三者決済処理サービスを利用する場合があります。当社は、当社の責めに帰すべき事由がある場合を除き、第三者決済処理サービスの利用に起因し又は関連する紛争、クレーム、訴訟、権利侵害又は損害について一切責任を負いません。

第14条(休会)

1.会員は入会後、自らサイト上より所定の休会届の記入による手続きを行った上で、月単位で休会することができます。
2.休会手続きは、休会開始を希望する月の前月10日までに行うものとし、この場合、休会開始希望月の1日より休会扱いとします。尚、11日以降に休会申請を行った場合は翌々月の1日より休会扱いとなります。
3.休会する会員は、別に定める休会費を支払うものとします。会員は1回の休会手続きにつき3か月間を上限として当ジムを休会することができます。
4.休会期間中はオプションサービス利用料の支払いを免れるものとします。
5.本条の休会手続が完了しない場合は休会扱いとなりませんので、当ジムのご利用がない場合においても通常の会費等が発生します。
6.休会していた会員は、休会届記載の終了日経過後、自動的に月単位でジムに復帰扱いとなります。その場合、復帰月から通常の会費等を支払うものとします。

第15条(会員以外のジムの利用)

当ジムは、次の条件をいずれも満たす場合にのみ、単発利用者(以下「ビジター」という。)に当ジムを利用させることができます。その他の場合 には、会員が同伴した場合を含め、会員以外の者によるクラブの利用はできません。
1.当ジムがビジターについて利用料を定めているときは、これを支払うこと。
2.外部フリーランストレーナーのトレーニングを受けるために利用すること。

第16条(遵守事項)

会員は、本規約に別途定める他、以下を遵守しなければなりません。
1.当ジムの利用にあたっては、記載されたルール、慣習上のルール、各店舗および加盟店の説明並びに指示に従わなければなりません。
2.当ジムの利用時は、ドレスコードとして、以下の服装は禁止します。
(1) 施設または器具を傷つける可能性のある衣服、履物、服飾品または装飾品 ジーンズ、またはジーンズタイプのステッチあるいはリベット(びょう)がついている衣服、履物または服飾品等
(2) 伸縮性に欠ける、滑りやすい、器具等に巻き込まれる可能性があるなど、トレーニングにふさわしくない衣服、履物、 服飾品または装飾品 サンダル、草履、長靴等
(3) 会員および他の会員を傷つける可能性のある衣服、履物、服飾品または装飾品
(4) 上半身あるいは下半身裸、裸足、下着のみ、またはそれに準じる格好
(5) ヒールが高い、または滑りやすいなど、トレーニングにふさわしくない履物
(6) その他、各ジムがふさわしくないと判断した服装、履物、服飾品または装飾品
3.会員及び登録希望者は、本サービスの利用に関して、自己又は第三者をして、次の各号の一つに該当する行為を行ってはならないものとします。
(1) 本規約に違反する行為
(2) 法令等に違反する行為
(3) 犯罪行為又はこれに加担し又はこれを助長する行為
(4) 第三者に対する詐欺又は脅迫行為
(5) 公序良俗に反する行為又はそのおそれのある行為
(6) 反社会的勢力に対する利益供与その他反社会的勢力に関与する行為
(7) 当社又は第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの利益、名誉、その他の権利または利益を侵害し、又は侵害する恐れのある行為 (8) 当社又は第三者を誹謗中傷する行為
(9) 基本サービス、又はパーソナルトレーニングサービスの利用に際して、虚偽の情報を提供し又は故意に不正確な情報を提供する行為
(10) 第三者に成りすます行為
(11) 他の会員の会員情報を利用する行為
(12) サービスを通じて個人を特定できる情報又は他の会員の会員情報等を収集する行為
(13) 本サービスを商業目的、又は第三者に利益を与える目的で利用する行為
(14) 当社サイト、当社のネットワーク又はシステム等に不正にアクセスし又は不正なアクセスを試みる行為
(16) 当社サイトに関連するプログラムを変更、削除、逆コンパイル、逆アセンブル若しくはリバースエンジニアリングする行為、又はネットワーク監視若しくは検出ソフトウェアを使用し、当社サイトのサイトアーキテクチャを決定する行為
(16) 本サービスの運営を妨害する行為
(17) 当社の営業を妨害し若しくは信用を毀損し、又はそれらのおそれのある行為
(18) 大声、奇声を発する行為や他の会員もしくは施設スタッフの行く手を塞ぐ行為等の威嚇行為または迷惑行為
(19) 物を投げる、壊す、叩く等、他の会員や当社のスタッフが恐怖を感じる危険な行為
(20) 当クラブの施設・器具・備品の損壊や備え付け備品の持ち出し
(21) 他の会員や施設スタッフに対し、待ち伏せし、後をつけ、またはみだりに話しかける等の行為
(22) 正当な理由なく、面談、電話、その他の方法で施設スタッフに迷惑を及ぼす行為
(23) 当社又は第三者に損害等を与える行為
(24) 前各号に準じる行為
(25) 前各号の行為を直接又は間接に惹起し又は容易にする行為

第17条(入館の禁止、退場)

1.当ジムは、以下の各号のいずれかに該当する者につき、退場または相当期間の入館禁止を命じることができます。
(1) 本規約および当ジムの諸規則を遵守しない者
(2) 当ジムにおいて、第4条に定める入会資格を欠いていると判断した者、または入会に際し虚偽の申告をし、あるいは入会資格に関わる重要な事実を故意に申告しなかった者
(3) 当ジムにおいて、体調不良、薬物使用等により正常な施設利用ができないと判断した者
(4) 当ジムにおいて、著しく不潔な身体または服装により、他の会員等の第三者が不快に感じると判断した者
(5) 本規約の手続に従わず会員以外の者を入館させた者および入館した会員以外の者
(6) 都合により会費等の全部もしくは一部を2か月間滞納し、または会費等の全部もしくは一部を支払わない月が2か月連続した者
2.当ジムへの入館禁止中の会員は、入館禁止中も会費、オプション利用料、施設メンテナンス料等を支払わなければならないものとします。

第18条(利用停止等及び強制退会)

1.会員が以下の各号のいずれかの事由に該当すると当社が判断した場合、当社は、事前に通知することなく、当該会員による本サービスの利用を一時的に停止若しくは制限することができるものとします(以下、総称して「利用停止等」といいます。)。
(1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2) 第4条第3項各号に定める事由のいずれかに該当した場合
(3) 自己都合により会費等の全部もしくは一部の滞納が2か月間となった場合、または会費等の全部もしくは一部を支払わない月が2か月連続した場合
(4) 本サービスに関する不正な支払いが判明した場合
(5) 前各号に準ずる事態が生じた場合
2.会員が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合、当社は、会員に通知の上、直ちに会員を強制退会することができます。
(1) 前項各号のいずれかに該当した場合
(2) 第25条(権利義務の譲渡禁止)に違反した場合
(3) 会員が支払停止若しくは支払不能となった場合
(4) 会員について破産、民事再生、又はこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
(5) 会員が死亡した場合
3.前項各号のいずれかに該当すると当社が判断した場合、当該会員は、何らの催告なく当社に対する全ての債務につき期限の利益を失い、直ちに当該債務全額を支払わなければなりません。
4.会員が強制退会となった場合、支払済みの利用料金は、本規約又は法令に定めがある場合を除き、理由の如何に関わらず返金できません。

第19条(会員による解除、退会)

1.会員が自己都合によりジムを退会する場合は、自らまたは法律上の権限を確認できる代理人を通して、当ジムホームページ上より所定の退会届の記入による手続きを行った上で、退会することができます。尚、電話、電子メール、ファックス等による申し出は受け付けられません。
2.退会手続は、退会を希望する月の10日までに行うものとし、その場合当該月の末日をもって退会となります。
また、各月の11日以降に退会手続がとられた場合は、翌月の末日をもって退会扱いとなります。
3.本条の退会手続が完了しない場合は在籍となり、当ジムのご利用がない場合においても通常の会費等が発生します。
4.会費等の全部または一部が未納の場合は、第1項の退会届の提出までに完納しなければなりません。また、第1項の退会届の提出後に、退会月会費等の未納が発覚した場合は、第1 項の退会届は無効となり、在籍は継続するものとします。
5.会費等は、退会が月の途中であっても、当該月分を全額支払わなければなりません。

第20条(施設の一時的閉鎖・一時的休業)

1.各ジムは、次の理由により施設の全部または一部を閉鎖、もしくは変更することがあります。
(1) 気象・災害等により会員にその災害が及ぶと当社が判断し、営業を不可能と認めたとき。
(2) 施設、設備の点検、補修または改修をするとき。
(3) 法令の制定、改廃、行政指導、社会経済情勢の著しい変化、その他当社に経営上等やむを得ない事由が発生したとき。
(4) 経営上等やむを得ない事由が発生した場合にあって1か月前に当社の予告のうえ解散したとき。
但し、解散の原因が天災、地変、公権力の命令、強制その他の不可抗力である場合には、上記の予告期間を合理的に短縮することができるものとします。
(5) その他加盟店が休業を必要と認めるとき。
2.前項に基づいて本サービスの全部又は一部の提供を一時的に停止又は中断した場合でも、当社が別途定める場合を除き、本サービスが提供できなかったことを理由とする会員に対する補償(会費の一部返還等を含む。)は行いません。

第21条(知的財産権等)

本規約に明示的に規定されている場合を除き、本サービス並びに本サービス及び本利用契約に関連して当社が会員に提供した一切のコンテンツに関する知的財産権その他一切の権利及び権限は、当社又は当社に使用を許諾する者に帰属します。本利用契約の締結又は本サービスの利用の許諾は、会員に対する本サービスに関する知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。

第22条(自己責任、非保証)

1.会員は、自己の責任と負担において、本サービスを利用します。
2.当クラブ及び当社は、会員の本サービス利用中の事故について、当社に故意または重過失ある場合を除き、一切の責任を負いません。
3.当社は、当社が別途明示的に表明する場合を除き、明示又は黙示を問わず、本サービスに関し、会員が期待する設備や、その効果等について何ら保証するものではありません。ただし、本サービスに何らかの問題が存在する場合、当社は実務上可能な限りすみやかにこれを是正・修正するよう最大限努めるものとします。
4.当社は、本サービスと連携する外部サービスの提供者である第三者が提供するサービス、情報、個人情報の管理等について一切の責任を負いません。
5.会員は、本サービスの利用に関連して第三者との間で生じた紛争等については、自己の費用負担と責任において対応及び解決します。

第23条(損害賠償責任等)

1.会員又は登録希望者による本規約に違反する行為又は本サービス若しくは本規約に関連して会員又は登録希望者の責めに帰すべき事由により、当社又は第三者に損害又は損失が生じたときは、会員又は登録希望者は、その一切の損害又は損失につき賠償又は補償する義務を負うものとします。
2.いかなる場合であっても、本サービス又は本規約に関連して会員又は登録希望者に損害が生じた場合であって、当社が会員又は登録希望者に対し契約上又は不法行為上その他理由の如何を問わず責任を負う場合における当社の責任の総額は、当該会員から当社が実際に受領した利用料金又は登録希望者が希望していた本サービスの利用料金の合計金額を超えないものとします。
3.本規約の各条項において当社の責任を限定・免除する旨の規定にかかわらず、以下の場合は、以下の定めに従います。
(1) 会員又は登録希望者が消費契約法上の消費者に該当する場合
当社に軽過失があるときは、当該会員又は登録希望者に現実かつ直接に発生した通常損害(逸失利益その他の特別損害、及び弁護士費用は含みません。)に限り、当社は責任を負うものとします。
(2) 前号以外の場合で、当社に故意又は重過失がある場合
当該会員又は登録希望者に現実かつ直接に発生した通常損害(逸失利益その他の特 別損害、及び弁護士費用は含みません。)に限り、当社は責任を負うものとしますが、軽過失の場合は一切の責任を負いません。

第24条(通知・連絡)

1.当社は、当社ウェブサイトへの掲載、電話、電子メール、その他当社が定める方法により、会員又は登録希望者に対して、本サービスに関する当社からの通知その他の連絡を行うことができます。
2.会員は、本規約に別段の定めがある場合を除き、原則として、本サービスに関連する当社への通知、問い合わせその他の連絡を、会員が当社に通知したアドレスを使用した電子メールを通じて行います。

第25条(秘密保持義務)

1.当社及び会員は、本サービス又は本規約に関連して相手方が秘密と指定して開示した一切の情報(以下、総称して「秘密情報」といいます。)を秘密に保持し、保護しなければなりません。
2.当社及び会員は、本サービスの使用又は本利用契約上の義務の履行のみを目的として秘密情報を利用でき、相手方の事前の書面による承諾なく秘密情報を第三者に開示してはなりません。

第26条(権利義務の譲渡禁止)

会員及び登録希望者は、当社の事前の書面による承諾なく、本利用契約上の地位又は本利用契約に基づく権利若しくは義務を、第三者に譲渡、移転(合併若しくは会社分割による場合を含みます。)、担保設定し又はその他の処分をしてはなりません。

第27条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が、法令等により違法、無効、不能、又は合意しなかったものとみなすと判断された場合であっても、本規約の残りの規定又は部分は、継続して完全に効力を有します。

制定日:2022年1月4日